2016/8/4


Seymour Duncan / セイモア ダンカン

こちらはネックポジション用です。


Blackoutsシリーズにヘヴィーなサウンドを生み出すシングルコイルピックアップの登場です。シングルコイルならではのエッジ感はそのままに豊かなミッドレンジを持っているこのピックアップは、ラウドなロックシーンのバックにも埋もれないサウンドを提供します。 特徴的なのは本体裏に装備されたジャンパーピン。Blackouts Singleは"Moderate"と"High Gain"という二つの異なる出力を持っており、ジャンパーを装着しなければ"Moderate"、装着すれば"High Gain"になり、AHB-1にも引けをとらないハイゲインサウンドが得られます。また、ジャンパーピンからミニスイッチ等へ配線すれば手元での切り替えが可能になり、ブーストスイッチのように使うことが出来ます。(コイルスプリットではありません)

Cable:2コンダクターケーブル
Magnet:ALNICO-5

※ポット、バッテリースナップ、ステレオジャック、クイックコネクターケーブル、配線材が付属します。
※コイルスプリットはできません。
※9ボルトバッテリー(006P)が必要です。
※EMGアクティブピックアップが搭載されたギターに"BLACKOUTS"を取り付ける場合、背面のクイックコネクターを使用する事で、面倒な配線をしなくても簡単に交換することが出来ます。

【お取り寄せ品】

こちらの商品はお取り寄せとなります。ご注文後に納期をご連絡致します。メーカーに在庫があった場合、通常4~5日以内に発送可能ですが在庫状況によってはお時間を頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※お急ぎの方は大変お手数ですが店舗まで直接お電話にて在庫状況をご確認下さい。
石橋楽器御茶ノ水本店 03-3233-1484


【ご注文の前にご確認下さい】

楽器用パーツの取り扱いには相応の技術と知識が必要になります。ご注文の際は下記事項にご注意下さい。

※商品に不良があった場合を除き、お買い上げ後の返品、交換は受け付けておりません。適合性、サイズ、機能等は事前にご確認ください。

※商品詳細についてご不明な点はメール、又はお電話でお気軽にお問い合わせください。

※取り付けの際に起こった破損・損傷・事故につきましては当店は一切保証致しかねます。

※取り付けの困難な商品はリペアショップ、又は楽器店に依頼することをお勧めします。または当店までお気軽にお問い合わせください。

※商品の仕様は予告無く変更になる場合があります。

※ご注文後に入荷時期未定、生産終了等で商品の手配が不可能となった場合は恐れ入りますがキャンセル扱いとさせて頂きます。予めご了承下さい。

エレキギター ピックアップ EMG EMG-SA

【T-ポイント5倍】 【取寄品】【御茶ノ水本店限定特価】【御茶ノ水本店】 -NECK- Singles Blackouts AS-1n Duncan Seymour-セイモアダンカン

【T-ポイント5倍】 【取寄品】【御茶ノ水本店限定特価】【御茶ノ水本店】 -NECK- Singles Blackouts AS-1n Duncan Seymour-セイモアダンカン

【T-ポイント5倍】 【取寄品】【御茶ノ水本店限定特価】【御茶ノ水本店】 -NECK- Singles Blackouts AS-1n Duncan Seymour-セイモアダンカン

20160602_163153

2016/6/5

【T-ポイント5倍】 【取寄品】【御茶ノ水本店限定特価】【御茶ノ水本店】 -NECK- Singles Blackouts AS-1n Duncan Seymour-セイモアダンカン

【T-ポイント5倍】 【取寄品】【御茶ノ水本店限定特価】【御茶ノ水本店】 -NECK- Singles Blackouts AS-1n Duncan Seymour-セイモアダンカン

2016/10/14

【T-ポイント5倍】 【取寄品】【御茶ノ水本店限定特価】【御茶ノ水本店】 -NECK- Singles Blackouts AS-1n Duncan Seymour-セイモアダンカン

【T-ポイント5倍】 【取寄品】【御茶ノ水本店限定特価】【御茶ノ水本店】 -NECK- Singles Blackouts AS-1n Duncan Seymour-セイモアダンカン

買い物過去の記事

話題をチェック!

  1. Gotoh / ゴトー SG510 Series for Standard Post SGS510 (X Nickel / M07) [対応ヘッド: L6/R6/L3+R3] 《ギターペグ6個set》 【送料無料】【ONLINE STORE】

    2015-9-3

    日本の未来について

Mailmagazine

過去ログ

ページ上部へ戻る